環境改善は個人で改善できるところから始める

伝統的な壁

年数が経過すると、室内の壁が剥がれ落ちる事があります。これは下地として機能していた土が時間経過により乾くため、ボロボロと崩れ落ちるのが原因です。こうなる前に内装業者に依頼し、塗り壁のリフォーム工事を行う必要があります。 土壁が一般的だった塗り壁は砂壁に変わり、今では石膏ボード壁が普及しています。木造建築から洋風建築へと住宅様式が変化した事で、室内の壁事情も変化しました。 石膏ボード壁は上から壁紙を貼っているため、汚れたりキズが付いたら貼りかえる作業を繰り返すだけなので、とても簡単です。デザインも質感も好みに合わせて選べますが、高温多湿の気候である日本では、吸湿性や空調性は塗り壁の方が高い効果が期待できます。

塗り壁は年々進化を続けています。環境に優しい取り組みや、ホルムアルデヒドの問題、異常気象による湿度や気候の問題を解決するため、様々な商品が開発販売されています。 塗り壁は壁の外観を良くするために手入れをする事も大事ですが、吸湿性や空調バランスを効果的に行うのであれば、定期的に塗り替える必要があります。塗り壁は長雨や湿度、乾燥や時間経過により劣化します。このため問題を見つけたらその都度にメンテナンスを受けないと、劣化スピードの早まりに繋がります。 この点を改善するのが今後開発される塗り壁です。湿度や乾燥を自分で調整する事で劣化スピードを遅らせ、雨やカビにも強いメンテナンス不要の壁の開発が予測されます。